「未分類」カテゴリーアーカイブ

Webページ制作時のjpeg png gifの使い分け方

jpeg、png、gifは画像の性質と用途の視点から使い分ける。

画像の性質で大ざっぱにまとめると
写真や細かいイラストはjpegかpng-24
シンプルなアイコンやロゴやグラフはpng-8かgif

用途で大ざっぱにまとめると
透過する必要がある場合はgifかpng-8、32
軽くする必要がある場合はpng24、32を避ける

それぞれの特徴や使い方、注意点は以下の通り

◎jpeg
●特徴
非可逆圧縮
24ビット=フルカラー(約1670万色)
透過できない
ファイルサイズは操作可能、pngに比べて画質の割に小さくできる

●適切な使い方
写真をきれいに表示できる
グラデーションをきれいに表示できる
色数のわりに軽い画像にしたい場合

●注意点
グラフや線、図形や文字などのはっきりクッキリした画像はぼやけてしまう
保存すればするほど劣化する
アイコンやロゴ、ボタンなど重ねるものには不向き。透過できないため。

◎png
○png-8
●特徴
可逆圧縮
8ビット=256食
透過できる

ファイルサイズは小さい
グラデーションを含む場合、同じ8ビットでもgifよりファイルサイズが小さく

なる傾向

●適切な使い方
グラフや線、図形や文字などのはっきりクッキリした画像
ロゴやボタン、アイコン、バナー

●注意点
色数が多い写真やイラストの圧縮には不向き、色数が256色なので。

○png-24

可逆圧縮
24ビット=フルカラー(約1670万色)
透過できない(png-32で透過可)
ファイルサイズが大きくなりがち

●適切な使い方
写真、グラデーション、グラフや線、図形や文字などのはっきりクッキリした

画像と多様な場面で綺麗に圧縮できる。

●注意点
ファイルサイズが大きくなる。サイトが重くなる。
アイコンやロゴ、ボタンなど重ねるものには不向き。透過できないため。

○png-32

24に透明情報を追加したものがpng-32
256の透明度を持つ

※重いpng用にインターレースpngという設定も
軽くて粗い画像を先に表示させ、重い詳細な画像を後から表示させることで体

感が良くなる可能性も…

◎gif
可逆圧縮
8ビット=256食
透過できる
ファイルサイズは小さい
動画可能

●適切な使い方
ロゴやボタン、アイコン、バナー
動画にしたい場合

●注意点
色数が多い写真やイラストの圧縮には不向き、色数が256色なので。

GOOGLE ADWORDSやYAHOOプロモーション広告の除外キーワード 部分一致、フレーズ一致、完全一致のまとめ

除外キーワード:「テレビ 液晶」と設定した場合

検索キーワード 部分一致 フレーズ一致 完全一致
テレビ 液晶 除外される 除外される 除外される
テレビ 新型 液晶 除外される 除外される 除外されない
テレビ 液晶 新型 除外される 除外されない 除外されない
液晶 テレビ 除外される 除外されない 除外されない
液晶のテレビ 除外される 除外されない 除外されない
テレビ 32型 液晶 除外される 除外されない 除外されない
32型 テレビ 除外されない 除外されない 除外されない

ブラウザキャッシュを削除(完全削除、クリア、リロード、スーパーリロード)するショートカット

[ショートカット]
Ctrl+F5
Shift+F5
Ctrl+Shift+F5
Ctrl+R
Ctrl+Shift+R

[上記ショートカットの覚え方]
ほぼすべてのブラウザが、F5 または Ctrl+R を押すとリロードされます
さらに Ctrl と Shift を組み合わせることでスーパーリロードされます

 

[確認環境]
Windows 7 SP1 64bit
IE 11.0
Firefox 41.0.2
Google Chrome 46.0.2490.80 m

NAS、LANディスク、LANドライブなどの「ネットワークドライブ」に割り当てたドライブレター「V:」を切断する

一例として、ネットワークドライブの共有フォルダーのパスを、\\SAMPLE-DISK\PUBLIC とします

 

[操作手順]
→Windowsキー押し>コンピューターを右クリック>ネットワークドライブの切断 の順にアクセスする

→「ネットワークドライブの切断」窓が表示される

→下記を選択して[OK]を押す
PUBLIC (\\SAMPLE-DISK) (V:)

→Windowsキー押し>コンピューター の順にアクセスする

→ドライブレター「V:」が切断されていることを確認する

 

[確認環境]
Windows 7 SP1 64bit

NAS、LANディスク、LANドライブなどの「ネットワークドライブ」にドライブレター「V:」を割り当てる

一例として、ネットワークドライブの共有フォルダーのパスを、\\SAMPLE-DISK\PUBLIC
ネットワークドライブの共有フォルダーにユーザー名とパスワードが設定されていないものとします

 

[操作手順]
→Windowsキー押し>コンピューターを右クリック>ネットワークドライブの割り当て の順にアクセスする

→「ネットワークドライブの割り当て」窓が表示される

→下記の通り設定後に[完了]を押す
※設定は一例です。各々の環境に合わせて適宜読み替えて下さい。

ドライブ:V:
フォルダー:\\SAMPLE-DISK\PUBLIC
ログオン時に再接続する:ON
別の資格情報を使用して接続する:OFF

※「ログオン時に再接続する」をONにすると次回以降のログオン時に再接続されます(今後使い続ける場合はONにします)。OFFにすると次回以降のログオン時には接続されません(今回のみの使用する場合はOFFにします)。
※「別の資格情報を使用して接続する」をONにするとユーザー名とパスワードを入力できます。ネットワークドライブの共有フォルダーにユーザー名とパスワードが設定されていない場合はOFFにします。

→Windowsキー押し>コンピューター の順にアクセスする

→ネットワークドライブにドライブレター「V:」が割り当てられていることを確認する

 

[確認環境]
Windows 7 SP1 64bit