[GoogleAnalytics]googleアナリティクスのアクセス解析にのこらないプラグイン

googleアナリティクスを使用中、自分のクリックがカウントされると困る。カウントされないようにするプラグイン。

Google Analytics オプトアウト アドオン

[chrome]

https://chrome.google.com/webstore/detail/google-analytics-opt-out/fllaojicojecljbmefodhfapmkghcbnh

[firefox]

https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja

google adwordsやyahooプロモーション広告の除外キーワードをリストで一括管理・一括設定できる

除外キーワードはリスト機能を使うことで、複数のキャンペーンで除外キーワードリストを共有できる。
複数の除外ワードを一括で登録したり一括で修正したりできる。

[操作方法-google]

上部メニューのツール>除外キーワードリスト>+ボタン

で新規リストを作成・既存のリスト名をクリックでキーワードや一致タイプの編集やリストのエクスポートが可能。

作成したリストはキャンペーン>キーワード>除外キーワード>+ボタンから適用が可能

[操作方法-yahoo]

上部メニューのツール>対象外キーワードリスト一覧>対象外キーワードリスト追加。

で新規リストを作成可能。

「一致方法,キーワード」のセットでワードを登録する必要あり。

例:

部分一致,テレビ 液晶
部分一致,VHS
フレーズ一致,ブラウン管 テレビ

キーワードは100件までまとめて追加可能。

キャンペーンに設定ボタンからリストを適用させる。

 

 

 

google adwordsやyahooプロモーション広告の除外キーワード、フレーズ一致で除外されるかどうか

除外キーワードがフレーズ一致の場合

除外キーワードに含まれるすべての語句が、同じ語順で、間に別の文字を含まずに、検索に使用された場合に除外される

語順が違ったり、間に別の文字が含まれる場合は除外されない

別の語句が一緒に検索された場合は除外される。ここが完全一致との違い。

除外キーワードの一部だけが含まれている時は除外されない

例)除外キーワード:「テレビ 液晶」

検索キーワード

「テレビ 液晶」除外される

「テレビ 液晶 新型」除外される

「テレビ 新型 液晶」除外されない

「液晶 テレビ」除外されない

「液晶のテレビ」除外されない

「テレビ 32型 液晶」除外されない

「32型 テレビ」除外されない

google adwordsやyahooプロモーション広告の除外キーワード、完全一致で除外されるかどうか

除外キーワードが完全一致の場合

除外キーワードに含まれるすべての語句が、同じ語順で、間に別の文字を含まずに、検索に使用された場合に除外される

語順が違ったり、間に別の文字が含まれる場合は除外されない。

別の語句が一緒に検索された場合は除外されない。ここがフレーズ一致との違い

除外キーワードの一部だけが含まれている時は除外されない

 

例)除外キーワード:「テレビ 液晶」

検索キーワード

「テレビ 液晶」除外される

「テレビ 新型 液晶」除外されない

「テレビ 液晶 新型」除外されない

「液晶 テレビ」除外されない

「液晶のテレビ」除外されない

「テレビ 32型 液晶」除外されない

「32型 テレビ」除外されない

 

 

google adwordsやyahooプロモーション広告の除外キーワード、部分一致で除外されるかどうか

除外キーワードが部分一致の場合

除外キーワードに含まれるすべての語句が検索に使用された場合に除外される

 

語順が違ったり、間に別の文字が含まれる場合も除外される

除外キーワードの一部だけが含まれている時は除外されない

除外キーワードの途中にスペースが入って分割して2語として検索されても除外される

例)除外キーワード:「テレビ 液晶」

検索キーワード

「テレビ 液晶」除外される

「テレビ 新型 液晶」除外される

「テレビ 液晶 新型」除外される

「液晶 テレビ」除外される

「液晶のテレビ」除外される

「テレビ 32型 液晶」除外される

「32型 テレビ」除外されない

※11 語以上で検索がされた場合、11番目以降に除外キーワードが含まれていても機能しない

「32型 見やすい 安い かっこいい 売れてる 国産 格安 最新型 液晶 プラズマ 省エネ テレビ」除外されない

 

[dreamweaver]ライブラリを使って階層構造に合わせたリンクを自動設定・一括置換ができる

dreamweaverのライブラリ機能でサイト内の共通部分を管理できる。

リンクを階層構造に応じて自動で設定・修正してくれる

複数ページで共通のメニューを一括で設定・修正してくれる

といった便利機能。

[操作方法]

ライブラリファイルを作成する。(拡張子lib)

アセットウィンドウを開きライブラリ一覧(本のアイコン)を表示させる。

HTMLファイルの任意の場所にライブラリファイルをドラッグ&ドロップする。

ライブラリのソースコードが挿入される。このときリンクURLがHTMLファイルの階層に応じて自動で修正される。

またライブラリファイルの内容を変更することで、挿入したHTMLファイルも一括して修正できる。

 

 

例:メニューのライブラリファイル

<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=utf-8″>
<div class=”クラス名”>
<nav class=”クラス名”>
<ul>
<li><a href=”../2019/0001.html”>商品紹介</a></li>
<li><a href=”../2019/0002.html”>会社紹介</a></li>
<li><a href=”../2019/0003.html”>お問い合わせ</a></li>
</ul>
</nav>
</div>

[excel]エクセルでcountif countifsを使い特定の項目・特定の条件のデータの件数を集計する

[操作方法]

COUNTIF(検索範囲, 検索条件)

条件が複数の場合は

COUNTIFS(検索範囲 1, 検索条件 1, 検索範囲 2, 検索条件 2, …)

これで条件範囲内で検索条件を満たすものを探し、データの個数を集計できる。複数の場合、条件1かつ条件2かつ・・・

式および文字列を指定する場合、「 ” 」で囲む。

検索条件には「?、*」のワイルドカードが使える。

[確認環境]

excel2010

[photoshop][fireworks]透過を含む画像をオブジェクト一杯にpngで書き出す。

[photoshop操作手順]

書き出し元の画像を開く

範囲選択ツールで範囲選択をしCtrl+C このとき範囲選択はアバウトでよい。

CTRL+Nで新しいキャンパスをひらきCTRL+V ここで余計な透過部分を省いたぴったりのサイズの画像となる。

Ctrl+Shift+Alt+Sでweb用に保存。設定はpng-24、透明画像にチェックを入れる。

[fireworks操作手順]

書き出し元の画像を開く

レイヤー>背景>ビットマップを選択

範囲選択ツール(M)で範囲選択をしCtrl+C このとき範囲選択はアバウトでよい。

CTRL+Nで新しいキャンパスをひらきCTRL+V

もう一度CTRL+Nで新しいキャンパスをひらきCTRL+V ここで余計な透過部分を省いたぴったりのサイズの画像となる。

Ctrl+Shift++Rで書き出し。設定はpng32。

[確認環境]

Windows 7 SP1 64bit

adobe fireforks cs3

adobe photoshop cs3 extended

 

TortoiseSVNの日本語化に失敗する場合

日本語パックをインストールしたsetting→general→languageから日本語が選択できない場合
本体と言語パックのバージョンの違いが原因と考えられる

[操作手順]
最新版のインストーラを起動しインストール
その後、setting以下から選択

[確認環境]
TortoiseSVN 1.8.11→1.9.4

Practice is better than precept.